総務委員会


基本方針

大牟田JCは、1955年の創立以来「明るい豊かな社会」の実現をめざし、様々な活動と運動を続けてきました。諸先輩がこれまでに培ってきた歴史と伝統を継承し、それらの経緯を学び理解したうえで、これからの時代の流れに即した運営方法を模索していき、法令や定款・諸規定を遵守したうえで総会を運営・実施していく必要があります。

まずは、会の総意を決定し統一・共有を図るために、総会の企画・実施を行います。そして、総会への参加推進のために、委員会訪問を行い、会員にひとり1個の議決権を持つ意味を伝えるとともに参画意義を伝えます。さらに、福岡ブロック協議会の基本方針を共有するために、関係団体との連絡・調整を行い、第5エリアのJCメンバーを大牟田に招き3月合同例会の運営と実施をします。また、一人ひとりが会員としての自覚と責任を再認識し、JC活動・運動を積極的に行っていただくために、各種表彰などを行うことで会員意識の確立に繋げます。そして、出席率・返信率の把握と公表を行い、大牟田JCの活動に顕著な功績や優秀であると認められる委員会および会員を運営規定第7条に基づき各種表彰と褒賞を実施します。さらに、組織運営を円滑にするために、定款・諸規定の見直しを行います。また、会員の意見や疑問点などの情報を収集し、法律・定款と照らし合わせ、必要に応じ改正案を立案します。そして、組織の活性化および事業の実行力を高めるために、入会候補者の情報を収集・共有し、仮入会者・新入会員のフォローを会員拡大委員会と連携して行うことで、会員拡大の推進に繋げます。

当委員会が一年をとおして、一人ひとりが会員としての自覚と責任を持ち、感性豊かで魅力ある個性をもつ会員へと成長をします。それを各々が発揮していくことでさらなる成長に繋がり、またそれが大牟田JCのメンバーや周りの人々へと伝播していくことで、「明るい豊かな社会」へ繋がると確信します。


事業計画No.1

総会の企画・実施

目的:
会の総意を決定し、統一・共有を図るため。
方法:
  1. 総会への参加推進
  2. 総会の運営と実施
事業計画No.2

3月合同例会の企画・実施

目的:
福岡ブロック協議会の基本方針を共有するため。
方法:
  1. 関係団体への連絡・調整
  2. 合同例会の運営と実施
事業計画No.3

会員意識の確立

目的:
自覚と責任を再認識をするため。
方法:
  1. 出席率と返信率の把握
  2. 各種表彰と褒賞の実施
事業計画No.4

定款・諸規定の見直し

目的:
組織運営を円滑なものにするため。
方法:
  1. 会の実状の確認・把握
  2. 他委員会より情報収集
  3. 委員会内で検討
事業計画No.5

会員拡大の推進

目的:
組織の活性化および、事業の実行力を高めるため。
方法:
  1. 委員会内での情報収集と共有
  2. 会員拡大委員会との連携
  3. 仮入会者・新入会員のフォロー

メンバー構成

委員長 小柳 広明

副委員長
  • 板床 匡倫
  • 嶋 香織
委  員
  • 工藤 洋介
  • 佐野 研一
  • 野田 梨英子
  • 古池 太陽
  • 松尾 匡浩
  • 松田 孝太朗
  • 村上 伶太
  • 森脇 佳彦
  • 米村 正春