総務委員会


基本方針

大牟田JCは1955年の創立以来、「明るい豊かな社会」の実現をめざし様々な活動と運動を続けてきました。先輩諸兄が築いてこられた大牟田JC63年の歴史に感謝し、誇りを持ってこれからも率先し様々な活動と運動を続けていかなければなりません。この伝統を繋いでいくには、私たちがコンプライアンスの徹底を進め、時代の流れに即した運営とは何かを考え、大牟田JCの厳格な会のルールを遵守した行動をとる必要があります。

まずは、組織の最高議決機関である総会の企画・実施を行うために、委員会内で総会の重要性を認識し、しっかりとした準備を行います。そして、会員の義務と権利として、総会とは会の総意を決定し統一を図る重要な会であることと、正会員1名につき1個の議決権を持つことの意味を全会員に伝えていき、総会への参加推進を行います。さらに、委員会内で十分に検討を重ね円滑な総会の運営を行い実施します。また、会員意識の確立のために、出席率・返信率の把握を行います。そして、運営規定第7条に基づき大牟田JCの活動と運動に率先して参画し、顕著な功績と優秀であると認められる会員と委員会に対し、各種表彰と褒賞を実施します。さらに、定款・諸規定の見直しを行うために、会の実状と照らし合わせ確認します。また、他委員会より情報収集を行い、時代の流れに即した定款・諸規定かを委員会内で検討し対応を行います。そして、会員拡大を推進するために、委員会内で会員拡大の意義や重要性を認識し情報収集と共有を行います。さらに、高い意識を持ち常に会員拡大のアンテナを張り、拡大広報委員会と連携をとり力強く取り組みます。

当委員会は、歴史ある大牟田JCの一員としての誇りを持ち、ルールを遵守した行動をとり、規律正しいJAYCEEへと成長します。それにより、会員間で影響を与え合い大牟田JCの組織力が強まり、それが「明るい豊かな社会」の実現に繋がると確信します。


事業計画No.1

総会の企画・実施

目的:
会の総意を決定し、統一を図る。
方法:
  1. 総会の準備
  2. 総会への参加推進
  3. 総会の運営と実施
事業計画No.2

会員意識の確立

目的:
会員一人ひとりが高い意識を持ち、組織力を高める。
方法:
  1. 出席率と返信率の把握
  2. 各種表彰と褒賞の実施
事業計画No.3

定款・諸規定の見直し

目的:
時代の流れに即した定款・諸規定か確認し見直しをする。
方法:
  1. 会の実状を確認
  2. 他委員会より情報収集
  3. 委員会内で検討・対応
事業計画No.4

会員拡大の推進

目的:
組織の強化と発展のため。
方法:
  1. 委員会内での情報収集と共有
  2. 拡大広報委員会との連携

メンバー構成

委員長 平田 宗徳

副委員長
佐野 研一
委  員
  • 境 英次
  • 竹下 一樹
  • 野田 梨英子